グループ旅
マリンレジャー
アクティビティ

ここは日本?!サンゴの森が広がる宮古島・八重干瀬

宮古島は世界有数の透明度を誇る海が自慢の一つ o(≧∇≦) o

海中には、数十種類のサンゴが森のように連なり、その間を100種類以上の熱帯魚が舞うように泳ぐ、ダイビングやシュノーケルにぴったりの島です。
宮古島の中でも特におススメなのは、「八重干瀬(やびじ)」。
八重干瀬に行かずして宮古島の海の中を語るなかれ( ̄^ ̄)b
ダイビングやシュノーケルをしている人には、一度は!!絶対に!!行ってほしいエリア。
島の人も、観光で一度は八重干瀬に訪れた方も、シュノーケルやダイビングの一押しスポットを聞かれたら「八重干瀬!」と答える人が大多数の、一度訪れるとその魅力の虜になる魔力のある場所なんです(^艸^)
2013年には国の天然記念物にも指定されたんですよ☆

池間島を囲む池間ブルーを超えて北側に向かうと、南北約17km、東西約6.5kmの規模で広がる国内最大級のサンゴの楽園・八重干瀬があります。
八重干瀬には100以上の大小さまざまなサンゴ礁があり、ハマサンゴにリュウキュウキッカサンゴ、イシサンゴにユビエダサンゴなど、いろ~んなサンゴを見ることができます。
サンゴが視界一面に広がる景色は、まるで妖精の住む秘密の森を覗いているような気分|゚ー゚)ノ ♪
このサンゴ礁群は、「ウル(海藻)」「ウツ(奥)」「カナマラ(頭)」など、池間島の漁師さんたちに地元言葉で名づけられていて、八重干瀬エリアのリーフ(干瀬)マップもあったりします。

このサンゴの森には色鮮やかな熱帯魚達がたくさん住んでいます。
スズメダイにチョウチョウウオ、ハナダイやカサゴ、ベラ、イソギンチャクのそばにはもちろんクマノミも・・・!!
運が良ければ、空を飛ぶかのように優雅に泳ぐウミガメに出会えることも!?
追いかけて泳いだら、竜宮城に迷い込んだような気分になるかもしれません。
「私は八重干瀬で人生観が変わりました(  ̄o ̄)ノ」なんて人も少なくありません。
あなたも人生観が変わっちゃうかもよ?!

八重干瀬に行こうと決意したあなた!
八重干瀬には自力で泳いでは行けないので、ボートツアーを予約しましょ~
ボートツアーでは、その日の風向きや潮の満ち引きでベストコンディションのスポットを数か所巡ることができます。
行ったスポット名を覚えておいて、八重干瀬制覇を目指してみるのはどうでしょう?

この八重干瀬は、シュノーケルでも十分美しさを堪能できますが、ダイビングだとまた違った視点で楽しめます。
シュノーケルは経験あるけど、ダイビングはやったことない・・
という方も、体験ダイビングコースを選べば安心(^-^)シュノーケルを楽しみつつ、ダイビングの体験もできますよ。

八重干瀬へ向かうボートで海風に吹かれ、美しい八重干瀬ブルーを眺めながら至福の時間を過ごす―
カラフルなサンゴ礁に熱帯魚やウミガメと遭遇できる天然の水族館を、ぜひ自分の目で確かめに行ってもらいたい!!

ツアー予約、問い合わせはこちらまで!

八重干瀬ツアー専門 アクアベース
電話/0980-73-3003
住所/沖縄県宮古島市平良池間83-1
予約受付時間/8:00~22:00
https://www.ms-aquabase.com/
当日予約もOK!
シュノーケルトリップ/3時間 7800円(税別)
半日シュノーケルトリップ/4.5時間 10000円(税別)
各ツアー体験ダイビング[1ダイブ]/+6000円(税別)
※料金は2018年8月時点です。

宮古島おすすめ旅プラン

  • 宮古島市街
    平良・宮古空港周辺
  • 宮古島市内(西エリア)
    砂山・西辺・狩俣
  • 宮古島市内(東エリア)
    下地・上野・城辺
  • 伊良部島
    伊良部島
  • 来間島
    来間島
  • 池間島・大神島
    池間島・大神島